WordPress Ver.2.8.1 日本語版がリリースされていたので Ver2.7.1 からアップグレードした。

Ver.2.8 は自動アップグレードに失敗するとサーバ上の WordPress 無関係なファイルまで削除される不具合があったらしいので手動でアップグレードする必要があったが、自動アップグレードの便利さを経験すると面倒なので却下。そのため、一つ飛ばして Ver2.7.1 から Ver2.8.1 にアップグレードした。

※参考
WordPress | 日本語 » 2.8への自動アップグレードを行う際の注意事項

アップグレード実行

自動アップグレードの画面に移動して、自動アップグレードのボタンをクリックするだけ。プラグインを無効にしていない。

アップグレード後

アップグレード後の対応。

スマイル絵文字関連のプラグインの対応

スマイルの絵文字の扱いが変わっていた。既存で扱っているスマイルに別途マージして追加していたが、マージしにくい処理になってしまったことと、画像の格納場所が決められていてプラグイン側でしていできなくなってしまったので、以前の設計を継承したのまま修正するとアップグレードするたびに手直しが入りそうなので、別途独立して処理するようにした。

※参考
投稿フォームに独自アイコンを追加してみたけど

管理画面のレイアウト崩れの対応

管理画面のレイアウトが崩れている。CSS か JavaScript かが読み込めてい、または、古いままのないような感じだった。ブラウザのキャッシュの問題かと思ってきれいにしてみたが問題を解決できない。

古いネットワークキャッシュがうんたらかんたらと書いていたので下記の通り対処すると問題が解決した。問題解決したので深くは追っていない。

define( 'CONCATENATE_SCRIPTS', false ); というコードを wp-config.php の最初に追加する。WordPress のスピードは遅くなるので、数日後に削除してまたテストしてみること(これを行うことで古いネットワークキャッシュを削除できます)。

WordPress › フォーラム » 2.8 アップグレードのトラブルシューティング

現状保留

リビジョン管理の動作も以前と少し変わっているところがあるので処理が変わっていると予測されるが、今のところリビジョン管理を無効にするプラグインは正常に動いているので対処しない。

※参考
WP2.7以降のリビジョン管理と自動保存を停止するプラグイン

この記事のトラックバックURL

トラックバック一覧

この記事にはトラックバックがついていません。

コメント一覧

この記事にはコメントがついていません。

RSS feed for comments on this post.

コメント投稿

:b-ok: :b-ng: :b-heart: :b-heartbreak: :b-note: :b-idea: :b-!: :b-?: :b-sleep: :b-up: :b-down: :b-run: :b-tear: :b-sweat: :b-cat: :b-star: :b-glitter: :b-silent: :b-anger: :b-black: :b-neutral: :b-weep: :b-cry: :b-grin: :b-shock: :b-shy: :b-smile: :b-angry: :b-redangry: :b-depress: :b-glad: :b-relieve: :b-surprised: :b-tired: :b-fascinated: :b-oops: :b-amazed: :b-absent: :b-happy: :b-discouraged:

zontheworld
うまい焼肉が喰いたい。
HTML convert time: 0.202 sec. ( Login )