MOONGIFT

Tank Vs Zombie Game Built in Ruby - Rubyで書かれた戦車 vs ゾンビゲーム

Webアプリケーションやサーバサイドのソフトウェアとゲームは勝手が大きく異なります。サーバサイドの開発者がゲーム開発を行おうと思うと、新しく覚えないといけないことが多数あるでしょう。しかし少なくとも言語が同じならば入り込みやすいかも知れません。 今回紹介するTank Vs Zombie Game Built in Rubyは名前の通り、Rubyで作られたゲームです。Webベースで動くので、Ruby開発者の方は実装を見てみても良さそうです。 Tank Vs Zombie Game Built in Rubyの使い方 ゲーム開始します。

Kopia - マルチベンダー対応のバックアップソフトウェア

バックアップはとっていますか。バックアップは取っている時には何も起きないものですが、取り忘れた時に限って障害が発生するものです。さらにバックアップ先が障害を起こす可能性もあるので、複数バックアップを行っておくと安心です。 今回紹介するKopiaはマルチプラットフォーム、複数サービスに対応したバックアップソフトウェアです。 Kopiaの使い方 バックアップ先を選択します。様々なストレージサービスに対応しています。

Polyfoto - モザイク画像を作成するPythonスクリプト

多くの写真を集めて、そこから一枚の写真を作る、いわゆるモザイク写真。一度は見たことがあるでしょう。拡大してみると一つ一つがイラストや写真だったりして、とても面白い作品です。 そんなモザイク写真を作ってくれるスクリプトがPolyfotoになります。 Polyfotoの使い方 実行例です。モザイクになる画像群(フォルダ)、モザイク元の画像、出力先を指定します。カラムの数を多くするとより精密になりますが、時間がかかります。 $ python polyfoto.py -f /path/to/logo.png -d /path/to/dir -o output.png -n 50 CONVERTING / LOADING BUILDING 629 / 758 images, 1 / 50 rows 作例です。

SwiftLaTeX - WebベースのLaTeXエディタ

LaTeXを利用することは久しくないのですが、時々必要になることがあります。そんな時にサイズの大きな作成環境をダウンロードし、セットアップするのがとても手間です。環境構築に時間がかかると、さらに利用する意欲が削がれてしまいます。 今回紹介するSwiftLaTeXはWebベースで使えるLaTeXエディタになります。これならばセットアップする手間なく利用できるでしょう。 SwiftLaTeXの使い方 エディタ画面です。

Div.js - divタグだけでHTMLページを作成できる?

Webの進化形としてセマンティックWebが知られています。タグを使って文書をより構造的に、情報処理しやすい形に書いていくという考え方です。しかし、そのためにタグを多数覚えるのは面倒かも知れません。 今回紹介するDiv.jsで描くHTMLにおいては覚えるタグがdivしかありません。それなのに十分な表現が可能です。 Div.jsの使い方 実際の内容です。ものすごい出落ち感があります。 Hello world! This is a bold paragraph. This is a list item. This is a list item. This is a list item. Div.jsは確かにdivタグしか使いません。そしてis要素で書かれたタグにJavaScriptで置き換えます。もちろんこれはジョークライブラリになるでしょうし、セマンティックWebに喧嘩を売っているとも言えそうです。HTMLコーディングもなかなか大変そうです(普通のHTMLを書いてから正規表現で置き換えるという二度手間をしそうですね)。 Div.jsはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。 GitHub - willmartindev/div.js: A framework for the HTML programming language.

ASCIIFlow - アスキーアート用ドローアプリ

かつて今ほどイラストやペイントが手軽に扱えなかった頃、アスキーアートを使って図示するのが基本でした。今では滑らかな、情報量の多い画像が簡単に使えるようになっていますが、それでもアスキーアートの活躍する場面は数多くあります。 今回紹介するASCIIFlowはWebベースのアスキーアート用ドローアプリケーションです。 ASCIIFlowの使い方 メイン画面です。

yaydl - Rust製のYouTube DL代替

YouTube DLが一時GitHubから消えた時、ネット界隈は騒然としました。代替となるソフトウェアも存在せず、動画をダウンロードする方法がなくなってしまうところでした。幸い、削除は回避されましたが、コミュニティに大きな遺恨を残した出来事でした。 今回紹介するyaydlはRustで作られたYouTube DL代替になります。こうした多様性が今後の活動の広がりを支えていくことでしょう。 yaydlの使い方 実行例です。 $ yaydl "https://www.youtube.com/watch?v=jNQXAC9IVRw" Fetching from YouTube. "Me at the zoo.mp4" successfully downloaded. ヘルプです。 $ yaydl --help yaydl 0.6.6 Yet Another Youtube Down Loader USAGE: yaydl [FLAGS] [OPTIONS] ARGS: Sets the input URL to use FLAGS: -h, --help Prints help information -x, --only-audio Only keeps the audio stream -v, --verbose Talks more while the URL is processed -V, --version Prints version information OPTIONS: -f, --audio-format Sets the target audio format (only if --only-audio is used)

MovingLensOnWorksheet - Excel上で動く拡大レンズ

Excelは魔境というか、時にとんでもないものが生まれる可能性を秘めています。ゲームを作ってしまう人がいたり、Excelですべての帳票を作ってしまう達人もいます。本当に恐ろしいツールです。 今回紹介するMovingLensOnWorksheetはExcel上で拡大レンズを作ってしまう、そんなスクリプトです。 MovingLensOnWorksheetの使い方 実際に動かしているところです。

[PR] MOONGIFTプレミアムにご登録ください

いつもMOONGIFTをご覧いただきありがとうございます。MOONGIFTプレミアム(有料)の紹介になります。 MOONGIFTは2004年01月の運営開始以来、一人で運営しています(記事も全て一人で書いています)。ぜひMOONGIFTプレミアムへ登録し、ご支援ください。 MOONGIFTでは現在、緊急の仕事募集を行っております。システム開発(Ruby on Rails/PHP、iOSなど)、Webサービス企画、ビジネスモデル立案、プロジェクト管理、コンサルティング、技術市場調査を承っております。どうぞご用命ください。ご用命はinfo@moongift.jpまでお願いいたします。 MOONGIFTプレミアムでは、ゲストユーザ(無料)とは以下のような機能差があります。 1. プレミアム限定記事 週2本のペースでプレミアムユーザ限定の記事を公開しています。現在、以下のような記事が公開されています(一部)。 できることを全力でやる 恥ずかしさを感じないためにできること プロジェクトを遅延させないコミュニケーションパス管理 2017年09月の人気ソフトウェアまとめ 面倒な仕事は分解しよう 人と違うことをしよう アウトプット重視の働き方 2017年08月の人気ソフトウェアまとめ 業務で使えるオープンソース(235)「Markdown拡張記法」 ないものを作る際に注意したいこと こちらも随時追加されていきます。プレミアムユーザであればいつの記事でもご覧いただけます。 ※ プレミアム記事はMOONGIFTポイントを購入してもご覧いただけます。1ポイント5円で、10ポイントで購入できます。ポイントの購入はこちらから行えます(要ログイン)。 2. 記事の先行公開 本日の時点で約1.5週分の記事がストックになっています。記事数にして約25記事分です。これらを先行でご覧いただくことが可能です。例えば以下のような記事があります。 Tank Vs Zombie Game Built in Ruby - Rubyで書かれた戦車 vs ゾンビゲーム Kopia - マルチベンダー対応のバックアップソフトウェア Polyfoto - モザイク画像を作成するPythonスクリプト SwiftLaTeX - WebベースのLaTeXエディタ Div.js - divタグだけでHTMLページを作成できる? ASCIIFlow - アスキーアート用ドローアプリ 他にもたくさんの記事を事前にご覧いただけます。それによって先んじたアイディアの閃き、活用が可能になります! 3. 記事の電子書籍版ダウンロード! 2010年各月版で記事を全て電子書籍化しました。ePubファイル形式でダウンロード後、iPadなどの電子書籍リーダーで閲覧することが可能です。 4. プレミアム限定の内容 プレミアムユーザ限定で以下のようなコンテンツが記事内に表示されます。 記事の概要表示 追加スクリーンショット MOONGIFTの視点を書いた“MOONGIFTはこう見る” デモページへのリンク こちらも今後機能追加を行っていきます。一記事あたり、平均15%増のコンテンツ量になっています。 プレミアムは月額500円(1週間の無料体験あり)となっています。その他、半年(3,000円)/一年(6,000円)の期間登録も行っています。企業向け(3アカウント以上)には請求書の発行も行っております。 登録は以下より。ぜひ皆様のご登録をお待ちします。 プレミアム登録

[PR] MOONGIFTジョブボードのご案内

いつもMOONGIFTをご覧いただきありがとうございます。 こちらはMOONGIFTにて提供しておりますITエンジニア向け求人記事掲載「ジョブボード」、および「リクルートアウトソース」に関するご紹介となります。ぜひご一読ください。 MOONGIFTでは現在、仕事募集を積極的に行っております。システム開発(Ruby on Rails/PHP、iOSなど)、Webサービス企画、ビジネスモデル立案、プロジェクト管理、コンサルティング、技術市場調査を承っております。どうぞご用命ください。ご用命はinfo@moongift.jpまでお願いいたします。 ■ ジョブボードについて MOONGIFTジョブボードは、多数のITエンジニアが購読しておりますMOONGIFT(http://www.moongift.jp/)にて御社の求人記事を掲載するサービスになります。一般的な求人サイトが「求職者」をターゲットにしているのに対して、ジョブボードは「開発者」をターゲットとして求人を行うことが可能です。■ 何が違うのか 求人サイトでは求職者をターゲットにしているため、スペックや勤務地などに重点が置かれます。対してジョブボードでは求職中でない人たちをターゲットにするため、御社のサービスや目指す未来像といった御社の魅力に重点を置いて求人を行います。そのため応募数は求人サイトに比べて極端に低くなりますが、ミスマッチの少ない魅力的な人材を得ることが可能です。■ 参考 以下は現在掲載されております求人記事なります。 実績も積みながらパラレルキャリアを実現したい受託開発SEをTAMにて募集中!2017/05/01 ぷらっとホーム社にてソフトウェアエンジニアを募集!2013/12/12 「数学ガール」の結城 浩さんからのアルゴリズム問題!解答すると、直接フィードバックがもらえます2013/03/14 ■ 料金 正社員および契約社員応募については下記のような金額体系となっております。 掲載金額 :7万円/30日(初月) 4万円/30日(継続) 記事作成料:4万円(インタビューを基にMOONGIFTにて記事を作成いたします) ※ 御社にて記事原稿を作成いただく場合は記事作成料はいただきません。■ 詳細/お問い合わせ ジョブボードに関する詳細につきましては、以下に資料がございます。ぜひご覧ください。またお問い合わせ、お申し込みにつきましてはinfo@moongift.jpまでご連絡ください。http://dl.dropbox.com/u/49508/moongift.jobboard.pdf■ リクルートアウトソースについて ITエンジニアの求人については必要なスキルが細分化し、高度化していることもあって人事部では判断できなくなってきています。また一般的な求人サイトではエントリー数によって成果を判断する傾向があるため、敷居を低くし、フィルタリングに要する負荷が大きくなってしまいます。 そこでMOONGIFTではジョブボードでの掲載に加えてエントリーについても当方にて管理するサービス「リクルートアウトソース」を提供しております。ジョブボードのみならず、他社の求人サイトからのエントリーについても対応可能です。■ 提供するサービス ・MOONGIFTジョブボードの掲載(インタビューあり) ・エントリー管理 ・求職者との面談実施 ・御社との面接時間設定 ・合否判定の連絡 ・御社求人ページの作成、メンテナンス(必要があれば) ・週一回程度の御社とのミーティング■ 面談について 面談は、エントリーした求職者とMOONGIFTにてあらかじめ面談を行い、スキルのミスマッチがないか、御社の求める人物像にマッチしてるかを第三者として判断するサービスになります。これはエンジニアとしての技術力判断も伴いますので、実業務におけるミスマッチが防げるようになります。■ 料金 コンサルティングサービスは下記のような金額体系となっております。 月額:30万円 ※ ジョブボード記事作成料および掲載料を含みます。 ※ 他社求人サイトへの掲載料金は含まれません■ 詳細/お問い合わせ お問い合わせ、お申し込みにつきましてはinfo@moongift.jpまでご連絡ください。 これからもMOONGIFTをよろしくお願いいたします。

HNReaderApp - macOS用のHacker Newsクライアント

Hacker NewsはYコンビネータがはじめたテクノロジーに関するニュースを使ったコミュニティサイトです。新しい情報がどんどん投稿されていくので、見ていて飽きないサイトです。 そんなHacker Newsにある情報をカテゴライズし、見やすくまとめてくれるのがHNReaderAppです。 HNReaderAppの使い方 メイン画面です。

Carden - Webサイトから作成するフラッシュカード

フラッシュカードというのは、日本では単語帳としてよく知られています。表に問題、裏に答えを書いた紙の束といったものです。単語帳というと1文字ごとのイメージがありますが、特に文字数制限がある訳ではありません。 今回紹介するCardenはWebサイトごとに作成する、そんなフラッシュカード作成・実行ソフトウェアです。 Cardenの使い方 Chromeで文字列を選択して、Cardenのメニューを選択します。

CSV+ - マルチプラットフォームで動作するCSVエディタ

CSVファイルを編集する場合、表計算ソフトウェアがよく使われます。たとえばExcelです。もちろん編集できるのですが、使いづらい部分もあります。特に自動変換が厄介だったり、ファイルごとに別ウィンドウになるのも面倒です。 そこで使ってみたいのがCSV+です。シンプルかつ十分なCSVエディタです。 CSV+の使い方 メイン画面です。

Organic Maps - 経路探索可能。オフラインでも使える地図アプリ

規模の大小はあれど、旅行に地図は付き物です。最近では電車や車だけでなく、徒歩や自転車での経路も地図に表示できるようになっています。地図アプリがあれば、どんな場所でもいけるでしょう。 しかしネットワークがなければ情報が見られないものが多いのが不便です。そんな時にはオフラインでも使えるOrganic Mapsを使ってみましょう。 Organic Mapsの使い方 地図データをダウンロードしています。

Utopia - Reactのデザイン設計をスムーズしてくれるWebエディタ

最近のWebフロントエンドフレームワークでは、デザインとコードの分離ではなく、画面の役割をもって分離しています。そのためデザインとコードが一つのコードの中にあり、デザイナーにとっては慣れるまでデザインしづらいと感じているかも知れません。 もしReactで開発しているプロジェクトならば、Utopiaを使ってデザインしてみると良さそうです。 Utopiaの使い方 エディタ画面です。

LinearMouse - マウスの加速する動作を取り除く

OS側で便利だと思って追加した機能も、それまで使ってこなかった人にすると不便に感じるものがあります。macOSでスクロールが逆になった時、ものすごく不便に感じました。一旦慣れると、何も考えずに使えてしまうのが不思議なものです。 今回紹介するLinearMouseはマウスのスクロール加速を取り除いてくれるユーティリティです。 LinearMouseの使い方 アプリケーションは常駐します。

Taskbar Groups - アプリをグルーピングしてタスクバーからアクセス

よく使うソフトウェアはすぐにアクセスできる場所に置いておくのが便利です。人によってそれはデスクトップだったり、特定のフォルダだったりします。ランチャーを使う人もいるでしょう。 今回紹介するTaskbar Groupsは複数のソフトウェアにタスクバーからアクセスする、そんなユーティリティです。 Taskbar Groupsの使い方 メイン画面です。

Instatus Out - 各種クラウドサービスのステータスを監視

クラウドサービスを利用するのが当たり前になっている現在、サービスが突然障害を起こしたりすると、その対応に大わらわになります。少なくとも、障害が起きたらすぐに知りたいと考えることでしょう。 そこで使ってみたいのがInstatus Outです。各種サービスのステータスを監視してくれるユーティリティです。 Instatus Outの使い方 メニューバーに常駐します。

LANDrop - マルチプラットフォームで使えるAirdrop代替

パソコンやスマートフォンでファイルを送受信し合うのは意外と面倒です。Apple製品同士であればまだ良いですが、WindowsやAndroidが入ると途端に面倒になります。結局メールで送ったりするのも手間です。 そこで使ってみたいのがLANDropです。LAN内でつながっているデバイスに対してファイルを送信できるソフトウェアです。 LANDropの使い方 ファイルを送ります。

Statsig - GitHub Actionsを使ったサーバレスなステータスページ

Web APIやWebサービスのステータスページは大事です。障害が発生した際に、ステータスページがあれば状況が把握できます。何も情報がないのが最も不安を煽るので、ダメな場合でもダメという情報を伝えるのが肝心です。 今回紹介するStatsigはGitHubを使って構築する静的サイトなステータスページです。 Statsigの使い方 ステータスページです。

Amethyst - macOSのウィンドウ管理

ウィンドウを開きすぎて、切り替えても目的のウィンドウにたどり着けなくなったりします。一度すべてのウィンドウを閉じても良いですが、またすぐに散らかってしまうでしょう。 そこで使いたいのがウィンドウマネージャです。今回はmacOS用のAmethystを紹介します。 Amethystの使い方 メニューバーに常駐します。

Akwaba - Notionをバックエンドにしたコメントシステム

静的サイトに慣れると、ちょっとした機能のためにサーバサイドを開発するのが面倒になってしまいます。そこでAPIを使ってデータをクラウドで管理するようになります。Webサイトによくあるコメント機能もその一つです。 今回紹介するAkwabaはNotionをバックエンドにしたコメントプラットフォームです。 Akwabaの使い方 コメント一覧です。

ニューテゴミン - 手書きの明朝体フォント

日本語は美しい文字だと思います。特に少し昔の文体が好きです。コンピュータ上で読みやすいのはゴシックかも知れませんが、美しさでは明朝体の方が好きな方は多いのではないでしょうか。 今回紹介するニューテゴミンは手書きの揺らぎが気持ちいい、そんなフォントになります。 ニューテゴミンの使い方 インストールします。

Twoslash - ドキュメントの中で入力補完や説明を表示

ドキュメントの中にコードを記載するのは良くあることですが、単に書いてあるだけでは分かりづらいこともあるでしょう。たとえばIDEのようにマウスオーバーで説明を出したり、コメントなどで説明されているとより便利です。 今回紹介するTwoslashはそんなドキュメントを作成するライブラリです。 Twoslashの使い方 Twoslashの例です。コードに説明が追加されています。

cindr.musicPlayer.js - シンプルなUIの音楽プレイヤー

オンラインで音楽を公開すれば多くの人に聴いてもらえるでしょう。そんな時、MP3ファイルを単に置くだけでは物足りないものです。格好良いUIのプレーヤーがあってこそ、聞き手も楽しくなるというものでしょう。 今回はWebベースのシンプルなミュージックプレイヤー、cindr.musicPlayer.jsを紹介します。 cindr.musicPlayer.jsの使い方 UIです。

Health Icons - 健康、身体に関するアイコンセット

コロナ禍になって健康に対する意識が格段に上がっています。COVID-19はもちろん、メンタルなども問題になりやすいです。そのため、数多くの健康に対するWebサイトやアプリが開発されています。 そんな時に使えそうなアイコン群がHealth Iconsです。健康にフォーカスした、特徴的なアイコンが揃っています。 Health Iconsの使い方 血液やデバイス。

Comet - Discord風のコミュニケーションツール

コミュニティでのオンラインコミュニケーションツールとして採用されることが多いのはSlack、またはDiscordではないでしょうか。元々ゲームのイメージが強かったですが、Discordを利用するケースも増えています。 今回紹介するCometはそんなDiscordに似たUIのコミュニケーションツールです。 Cometの使い方 チャット画面です。この表示はDiscord風です。

Whiteboard - Webベースのコラボレーションできるホワイトボード

会議でよく使われるホワイトボード。リモートワークが続くと、ホワイトボード的に手軽に書き込めるツールが欲しくなってきます。紙に書いて写真を撮ってシェアするのはナンセンスです。 そこで使ってみたいのがWhiteboardです。名前の通り、Web上でコラボレーション可能なホワイトボードを提供します。 Whiteboardの使い方 手書き、図形を書き込めます。

javascript-notebook - Jupyter Notebook風にブラウザのJavaScriptを実行

JavaScriptの実行環境として開発者ツールがよく使われます。便利な反面、手順などの説明は別途ドキュメントが必要になります。ドキュメントを見ながらコードを実行するのは、読み違えてしまったり、どこまで読んだか分からなくなるリスクがあります。 そこで使ってみたいのがjavascript-notebookです。簡易的なJavaSript版Jupyternote Bookです。 javascript-notebookの使い方 メイン画面です。テキストを編集したり、コードを記述できます。コードを実行すると、下の行に結果が出力されます。

LiteDB.Studio - LiteDB用の管理UI

LiteDBというのはC#製のドキュメントデータベースになります。MongoDBのように使えますが、DBファイル一つで使える点はSQLite3のようなものになります。ローカルにちょっとしたデータベースが欲しいときに便利です。 そんなLiteDBのデータを管理できるのがLiteDB.Studioになります。GUIで使えるのが便利です。 LiteDB.Studioの使い方 データベースファイルを指定して実行します。

このページのトップへ