Gmail を IMAP で受信する設定で、ファイル名が日本語の添付ファイル受信したときにおこる Thunderbird のバグらしい。

解決方法は2つ。

私の場合は、「ツール」→「アカウント設定」→「オフラインとディスク領域」の「オフライン」で「受信トレイのメッセージをオフラインでも読めるようにする」にチェックを入れ、ダウンロードが完了したら、添付が日本語ファイル名に戻りました。

【中略】

mail.server.default.mime_parts_on_demand を false に設定すると直るようです。

【中略】

mail.server.default.mime_parts_on_demand では、すべてのIMAPサーバの設定を変えてしまうので、 mail.server.server1.mime_parts_on_demand のように、サーバごとに設定したほうがよさそうです。
#server1 はご自身の環境に合わせてかえてください。

日本語の添付ファイル名が「Part 1.2」「Part 1.3」などに変わり、拡張子がなくなります

mail.server.serverX.mime_parts_on_demand の設定は、「ツール」→「オプション」→「詳細」→「設定エディタ」で編集。

設定エディタの編集の仕方は、Lifehacker:Thunderbirdを究極のGmail IMAPクライアントにする (3/6) – ITmedia Biz.ID のページが参考になる。

この記事のトラックバックURL

トラックバック一覧

この記事にはトラックバックがついていません。

コメント一覧

この記事にはコメントがついていません。

RSS feed for comments on this post.

コメント投稿

:b-ok: :b-ng: :b-heart: :b-heartbreak: :b-note: :b-idea: :b-!: :b-?: :b-sleep: :b-up: :b-down: :b-run: :b-tear: :b-sweat: :b-cat: :b-star: :b-glitter: :b-silent: :b-anger: :b-black: :b-neutral: :b-weep: :b-cry: :b-grin: :b-shock: :b-shy: :b-smile: :b-angry: :b-redangry: :b-depress: :b-glad: :b-relieve: :b-surprised: :b-tired: :b-fascinated: :b-oops: :b-amazed: :b-absent: :b-happy: :b-discouraged:

zontheworld
うまい焼肉が喰いたい。
HTML convert time: 0.535 sec. ( Login )